理想の目元を作る方法

投稿者: | 2018年8月15日

「ぱっちりとした二重」のまぶたは、美人・かわいいの象徴でもあり
「鼻の形」と並び、整形手術をする女性の多いパーツの1つです。

しかしながら、現実的には「整形手術」はハードルが高く
「そこまでするか」決断のいる、また抵抗のあるものでもあります。

そもそも「整形をする必要がある」と考えるということは
体のパーツの形は「生まれもったもの」であり
「自然に変えることが出来ない」という前提があるはずです。

しかし、もし外科的な「手術」が必要なく
二重まぶたを作ることが出来るとしたら
今すぐ実践する、といった人は多いのではないでしょうか?

整形しないで二重のまぶたを作る方法

「二重を作るアイテム」と聞いて、まず思い浮かぶものとして
「アイプチ」と呼ばれるアイテムが挙げられると思います。

実際に使ったことがある、という人が最も多いものでもあると思われ
また「アイテープ」といったアイテムに関しても、同じ部類のものであると言えます。

これらの原理としては「二重になるように」
まぶたに溝(に見えるもの)を作ることになります。

「餃子」を作るようなイメージで溝を作っていくものと
「切れ目」を入れる感覚で、溝を作っていくという
主に、2つのパターンが採用されています。

アイプチ・愛テープの弱点

これらのアイテムの、最大の欠点・弱点として
「持続時間」「二重でいられる時間」が決まっていることが挙げられます。

「物理的な圧力」によって「段差」を作っているに過ぎず
時間が経つにつれて、段々と効果が「薄く」なっていきます。

また、これら以外の「二重を作る手段」としては
「のり」や「絆創膏」といったものを使ったものもありますが
結局は原理は同じであること、また何より<危険>であるため
「やめた方がいい」ことは、理解されると思います。

「アイプチ」に含まれている成分も「のり」であることに違いありませんが
「<専用の>のり」であり、専用であることには訳があります。

最新の「二重美容液」を使おう

「手術以外の二重術」として「アイプチ」を超える効果を
もたらしてくれるアイテムが「二重美容液」と呼ばれるものであり
最近は、こちらの方が主流になりつつあります。

そして、数ある二重美容液の中でも
特におススメできるアイテムが「ミセル D-ライン」であり
お手軽であること、何より効果が高いことが最大のポイントです。

基本的なメカニズムは「アイプチ」等と同じく
「二重癖」を付け、更に定着させることになります。

そして「ミセル D-ライン」の特徴としては
目を「空けている状態」の時にで癖付けするのではなく

「つぶっている状態」つまり「睡眠中」に
二重まぶたにするためのアプローチを始めることが挙げられます。

そして、何より「自然な二重」を作ることが出来ることが魅力です。

タイミングを分けたアプローチ

この「寝ている間」に加え、起きた後「仕上げ」で作るという
2段階のアプローチをすることが、他の「二重美容液(クリーム)」と異なる

最大の要素であり、高い効果を生み出す秘訣になります。

まずは睡眠中に「ジェル」によって、まぶた周辺を「柔らかく」することによって
癖(一重)を取りやすく、更に癖(二重)を付けやすくします。

化粧水の後等に「天然由来」の成分を塗るだけの非常に手軽なケアになります。

そして起床後には「プッシャー」を使って、いよいよ「癖付け」をしていきます。

これは、専用の器具を使って行うものになりますが
それほど時間がかかるものではなく、洗顔後に「自由に」癖付けを行うのみです。

日々修正を繰り返しながら、気に入った形で、継続して「癖」が付くことを目指しましょう。

それぞれの詳しいメカニズムについては公式ページをご覧ください。

 

おんなアイテムを使って二重を目指すにしても、
デリケートな部分に塗る・刺激を与えるものであり
実践の直前は、必ず「清潔」な状態にしておきましょう。

また末永く「癖」を付けていくためには、どんなアイテムであっても
一定の期間、継続する必要があり「常に」生活な状態を保つことが大切です。