化粧品・美容液に含まれる「アデノシン」にはどんな効果がある?

投稿者: | 2018年12月15日

「アデノシン」は、一般的にご存じの方が極めて少ないと考えられる成分です。

また情報も少なく、「そんなに重要なのかな?」と思われる方も多いと思われます。

しかしながら、こういったマイナーな成分というのは
希少(抽出が難しい)といった理由があるからこそ、流通が難しいものであり
そういったものを取り入れるメリットは、意外と大きなものでもある場合もあります。

アデノシンに関しても、結果的に美容につながる深い働き成分として
また<現在の美容理論>にも関わる成分として
知識として、知っておくべき成分には違いありません。

細胞を活発にさせる成分

アデノシンは、「酵素」や「核酸」の材料となる成分であり
細胞の構成には、欠かすことのできない成分です。

基本的には「口径摂取」によって利用するものであり
血管の拡張効果があるとして、特定の「薬」に含まれる成分になります。

外部からの塗布による効果としては、細胞分裂の活性化
その血管拡張効果によって、「育毛剤」に利用されていることも多いようです。

特にその育毛効果は、画期的なものとされており
それには「細胞分裂」に対する影響が多く関わっています。

最近の美容・スキンケアでは、「肌を育てる」というコンセプトが
1つの主流であり、アデノシンに関しても、同じく体(細胞)が持つ
<自力での改善>を引き出す効果があると考えられます。

アデノシンに関しても「成長因子FGF-7」の生成を促す効果を持ちます。

アデノシンに限ったことではありませんが
血行促進・細胞の活性化というのは、結果的に肌の「ハリ」を生み出します。

というよりも、「元気な細胞」というのは
新陳代謝のよさから、色素の排出がスムーズであり
また水分を含むことができるため、保湿機能も優れています。

スキンケアとは、本来「守り」ではなく
こういった細胞を元気にするための「攻め」の要素も必要と言えるのです。

アデノシンの効果を引き出すための注意点

アデノシンは、「カフェイン」によって働きが抑制されてしまいます。

口径摂取でなければ、それほど問題ないものと思われますが
カフェインには、

  • ミネラルの排出
  • 利尿作用(体内の水分減少)

といった、美容にとっても基本的にマイナスなことが多く
過剰摂取には、十分に注意すべき成分と言えます。

抗酸化成分でもあるため、適度に摂取するメリットもありますが
様々な美容成分の「破壊」につながるケースも多く
何より「冷え性」を招く理由となるため、女性は特に注意が必要です。