見た目における「爪」の存在感が増している!

投稿者: | 2018年9月2日

昨今急速に広まったように見える、ネイル(マニュキュア・付け爪等)文化

マニキュアや付け爪など、何かしら爪に関する
オシャレをしている人も多いと思います。

仕事柄、ネイルのオシャレを禁止されている人でも
「せめて艶やかに」保っている女性もたくさんいます。

また、自分でも勉強して自宅でネイルケアしている女性もいるようです。

しかし、ネイルのオシャレをする際の注意点もあります。

付けヅメやマニキュアを繰り返すごとに、確実に爪は痛みます。

「どうせ生え変えるからいいや」というのではなく
常に元気で健康な爪を保てるようにしていきましょう。

爪は皮膚の延長であり、皮膚細胞が角質化したものです。

よって、皮膚の健康状態が爪の質に影響します。

爪の質は体の内面を反映している

また爪は「肌」や「髪」そして「血液」の、健康度を反映すると言われています。

ヒビが入りやすかったり、割れやすくなっている時は
体の健康状態にも注意しましょう。

健康な爪を保つために一番大切なことは「乾燥対策」です。

夏と冬、温度や湿度によっても爪の質は変わることをご存知でしょうか?

夏は柔らかく、冬は硬くなります。

まさに、皮膚の状態を反映していると言えます。

特に乾燥する季節は割れる前に専用のオイルなどでしっかりケアしましょう。

健康な爪は健康な食事からの栄養素が形成します。

たんぱく質やビタミン・ミネラルはもちろん
ビオチンというビタミンの一種(ビタミンB7)を積極的に摂取していきましょう。

ビオチンを含む

  • レバー
  • 青魚
  • 豆類

また、細胞の新陳代謝を促すために「亜鉛」も摂取していきましょう。

女性の嗜みとしてのネイルはとても魅力的なものです。

ネイルを楽しむためにも、健康な体を保ちましょう。